Activity -活動紹介-

Activity -活動紹介-

ミドルベリー大学日本校の活動理念

  ミドルベリー大学日本校で学ぶ留学生は
 ・生きた日本語を学ぶこと
 ・地域に貢献すること
  を目的として継続的に地域活動を行います


地域活動で留学生たちは、

・イベントの参加やインターンをして、多くの日本人と直接交流できる機会を設けます。
・東京以外の地域に訪問し、ステレオタイプではない日本の姿を見て、体験して、学びます。


●活動先・活動内容

インターンは留学先である国際基督教大学(ICU)近辺、主に東京都三鷹市内の企業や団体で活動を行っております。

地域の方々のご支援・ご協力のおかげでインターン先は年々増加し、多くの留学生たちの希望に合わせることができるようになっています。
基本的に活動言語は日本語ですが、活動内容が英語を必要とする場合(英語授業補助等)は英語も使用しています。

活動内容は留学生と活動先で話し合って決めています。留学生の特技や活動先が必要としていることに合わせて自由に活動します。
地域団体や学校、福祉施設などが主な行先でしたが、2016年秋学期から個人経営のお店へのインターンが認められ、始動しました。

泰成商店街の「長久鮨」様、吉祥寺のお花屋さん「スタジオブルームスターズジャパン」様、新規受け入れありがとうございました!
2017年冬学期、新たにアイリス行政書士事務所(阿佐ヶ谷)でのインターンが決まりました。受け入れありがとうございます!
2017年春学期、新たに杉並アニメーションミュージアムでのインターンが決まりました。受け入れありがとうございます!

●活動例
・小学校や中学校で放課後活動やTAを行います。(三鷹第三小学校、三鷹第七小学校、小金井市立東中学校)
・地域の特産品を活かした商品づくりや物販を行います。(東京たまものスイーツ様)
・地域団体や企業で事務作業や翻訳などを行います。(みたか都市観光協会様、株式会社文伸様)
・市民クラブに参加し、発表会で成果を披露します。(江戸小噺笑い広げ鯛様)
7syo01 bloomstars01 sushi03 kobanasi02

 

また、JA東京むさし様の協力により、三鷹の都市農業について触れられる機会が得られました。
アメリカの大規模農業とは違った、農地が狭い中での農業の工夫や地域交流の豊かさを学ばせていただいています。
nogyo01 nogyo05
留学生向け都市農業モニターツアーの様子(企画:ランドブレイン株式会社様)


フィールドトリップ

2018年のフィールドトリップ

8月22-30日 埼玉県横瀬町。オリエンテーション及び地元小中学生との交流。

10月12-15日 鳥取県智頭町。林業体験及びエネルギーについて再考する機会になりました。

 

2017年のフィールドトリップ

3月27-30日 茨城県笠間市 焼き物と栗のまち。旅行者のふるさとの一つとなるには?
活動してきました!詳細はこちらの記事をどうぞ

4月15日    栃木県日光市 日帰り観光旅行。日本の観光地の在り方とは?
活動してきました!詳細はこちらの記事をどうぞ

9月23, 24日   埼玉県横瀬町 今年初訪問。留学生と横瀬町で何ができるか?
活動してきました!詳細はこちらの記事をどうぞ

10月下旬  鳥取県智頭町 杉に囲まれた緑の町。鳥取環境大学と連携し、持続可能な社会づくりについて考えます。
活動してきました!詳細はこちらの記事をどうぞ

 

2016年のフィールドトリップ

☆京都(観光旅行)
鳥取県智頭町(林業から見る持続可能な地域づくり)
☆茨城県笠間市(海外の視点を取り入れた観光案内の協力)
へ訪問しました。

歴史探訪や日本の里山生活、地方の観光事業など、大都市では体験しにくい様々な経験が得られるプログラムとなっています。
特に地域の方々との交流は大きな学びの場であり、その貴重な機会を活かして真剣に取り組んでいます。
受け入れ先の地域からも、国際交流の機会ができ、外からの視点での意見を聞けるということで好評いただいております。

kyoto01 tottori09